アークスリーグ 試合レポート

アークスリーグで行われたピックアップゲームをレポートします!

アークスリーグ初代王者は「Bye-Bye MASUTANI」に決定!

アークスシリーズはBye-Bye MASUTANI様の不戦勝で幕を閉じました。

f:id:arxleague:20181129215455p:plain


初代王者となりました相場監督にお伺いいたしました。

 

 

1.シーズンを振り返って


12人中9人が野球未経験の中、試合を通じてメンバーの成長を近くで見ることができ、本当に嬉しく思っております。
夏終わりまでは全く勝てませんでしたが、
今年やってきたことが最後に実を結び、「やっと野球ができ始めたな」
と感じております。


2.レギュラーシーズンでポイントとなる試合、印象的な試合は?

10/21のVictorys様との2連戦です。
レギュラーシーズン終了直前で同ディビジョンのブラザーズ様と1位を争っている中で、
格上のVictorys様に2連勝できたのは大変大きかったです。
また、特に2試合目はこれまで勝てなかったロースコアのゲームを勝ち切ることができ、大きな自信となりました。

 

3.クライマックスシリーズの戦いについて


どのチームも戦力が充実しており、同じ土俵にいることが恐縮でした。
その中で勝つことができたのは、レギュラーシーズンの大混戦を経験できたことが大きいと思っております。

 

4.チームのMVPは?


キャッチャーの高山ですね。
シーズン当初の春先は、主にサードを守っておりましたが、守備・打撃共に奮わず、ベンチにいることが多い選手でした。
夏前からキャッチャーにコンバートし、9番キャッチャーとして試合に出場していました。
クライマックスシリーズでは4番キャッチャーを任せられるまで成長し、チーム1出世した選手です。

 

5.来年は追われる立場となりますが、いかがでしょうか?


チーム創設1年ということで、追うことも追われることも経験したことがありません。
今年と同様に自分たちが1番下手くそであることを自覚しながら、日々挑戦者の気持ちで取り組んで参りたいと思います。

 

6.応援してくれた皆さま、リーグ所属の他チームにメッセージをお願いします。


私たちは、チームの戦力的に試合数を重ねないと勝ち点を積み上げることができなかったため、
本年はたくさんのチームの胸をお借りし、勉強させていただきました。
本年はお世話になり、本当にありがとうございました。

最後になりますが、事務局の中桐様、リーグ創設初年度ということもあり、大変なこともあったと存じますが、1年間楽しく活動できました。来年もよろしくお願いいたします。

2018.11.24 クライマックスシリーズ第2戦 NEONAMIKIGUN vs. Bye-Bye MASUTANI

第2戦は、ディビジョンBを21勝4敗と圧倒的な強さで独走したNEONAMIKIGUNと、
ディビジョンCで14勝16敗、リーグ戦30試合をこなしたBye-Bye MASUTANIの一戦
となりました。

特にBye-Bye MASUTANIはシーズン最終版まで縺れたブラザーズとの一騎打ちによる
優勝争いは大変見ごたえがありました。

試合は以下のような結果です。

f:id:arxleague:20181129215003p:plain

この試合もCSに相応しい好ゲームとなりました。
見事な投手戦、選手のみなさんは相当緊張感あったのではないでしょうか。

Bye-Bye MASUTANIの皆さま、アークスシリーズ進出おめでとうございます!

f:id:arxleague:20181129215345j:plain

写真のご提供に協力いただきありがとうございました

f:id:arxleague:20181129215455p:plain

初代アークスリーグ覇者の栄冠は・・・?

 

2018.11.4 クライマックスシリーズ第1戦 東京RIOT vs. Bandiet

ACS第1戦は実力派チーム同士の対戦となりました。
19勝2敗でディビジョンA優勝のBandiet
9勝0敗でディビジョンD優勝の東京RIOT

両チームともにレギュラーシーズンは見事な戦績を残しています。
Bandietは13勝で最多勝に輝いた下安投手が絶対的な存在。
対する、東京RIOTは強打の印象が強いチームです。

試合は接戦になりました。

f:id:arxleague:20181105221230p:plain

クライマックスシリーズに相応しい見事な試合でした。
両チームのメンバーの皆さま、熱い戦いをありがとうございました。

東京RIOTは、アークスシリーズ進出決定です!

f:id:arxleague:20181105221421j:plain*試合後、両チームにて記念撮影。ディビジョン優勝のトロフィーと一緒に。

 

各ディビジョンの優勝チームが決定

2018年、リーグ創設初年度のアークスリーグは10月をもって、
レギュラーシーズン全ての日程を消化しました。

まずは、各チーム様大変お疲れさまでした。

リーグ立ち上げ初年にも関わらず50を超えるチーム様に加盟いただき
大変盛り上がりました。
また、各チーム様のお陰で、大変円滑にリーグを運営することができました。
この場をお借りして御礼を申し上げます。


さて!
各ディビジョンの優勝が決まりました!!!!

 

ディビジョンA Bandiet 様
ディビジョンB NEONAMIKIGUN 様
ディビジョンC Bye- Bye MASUTANI 様
ディビジョンD 東京RIOT 様


各チーム様、この度はディビジョン優勝おめでとうございます!

特に、AとCが最後まで大混戦となりました。

最後の最後まで各種調整いただき
対戦を進めていただいた各チーム様、

および、惜しくも2位となりました、
ディビジョンAのVictorys様、ディビジョンCのブラザーズ様
には特に敬意を表します。

この2チーム様は最終節の最後の最後まで諦めず試合を組んでいただきました。
リーグの盛り上げに大きく寄与していただき大変感謝しております。

最終的な順位表はこちら

 
優勝の余韻も束の間、
クライマックスシリーズに進出された4チーム様には早速、
短期間での対戦調整にご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


以上となりますが、
CSに進出されているチーム様も、そうでないチーム様も、
11月以降の練習試合(オープン戦)も通常の公式戦と同じように、
Panchoを使用して対戦調整していただけますので
引き続きアークスリーグをお楽しみいただきますよう、よろしくお願いいたします。

2018.10.8 川越初雁1day大会

GLITCH、bigeggs、アフィニティーズの3チーム総当たりでの大会を開催しました。

会場は、高校野球の埼玉県予選も開催される立派なスタジアムの川越初雁球場。

実況&女子アナウンサーのウグイス、インタビュー付きで、

草野球最高峰の豪華な大会となりました!!!

 

【結果】

f:id:arxleague:20181013192040p:plain

見事、2連勝のGLITCHが優勝を飾りました。

 

特に、第1試合のアフィニティーズ戦が激戦でした。

最終回にアフィニティーズが勝ち越しましたが、

その裏、2死から見事な攻撃でGLITCHが逆転サヨナラ勝ちを飾りました。

f:id:arxleague:20181013184810p:plain

 今回は、チーム立ち上げ間もないbigeggs様にもご参加いただきました。

 同チームは、元巨人の選手か指導するスポドリ東京ドーム野球塾の

成人コースの塾生メンバーで構成されたチームだそうです。

所属選手は14名、これからチームの発展が期待されるチームですね。

ユニフォームも洗練されたデザインで、かっこいいです。

 

Division-D 今後の展望

本日はディビジョンDを見ていきます。

f:id:arxleague:20180823214403p:plain

東京RIOTが強いです。7戦7勝で勝ち点21。
点差1点で、東多摩ブレイカーズが必死に追いかけます。
ブレイカーズは4勝6敗1分と、しっかり試合数をこなしてこの位置です。
チームとして長い歴史を誇る板橋リボルバーも勝ち点17を積み上げ。
他の私設リーグ、トーナメント大会での上位進出の実績のあるPaddiesが追います。


チーム力では、東京RIOTが頭一つ抜けている感じはしますが、
2位~4位のチームは実力拮抗です。
決して、強いチームが優勝するとは限らないアークスリーグですので、
この4チームの優勝争いは今後本当に注目です。

染井Funsが勝ち点2、東京ロイヤルズは2試合予定しましたが、
両試合とも無念の中止。
その他チームはシーズン途中加盟が大宗で、まだ戦績がありません。


シーズンは残すところおよそ2か月間。
未試合のチームはどんどん試合をマッチングしてリーグを楽しんでください!

Division-C 今後の展望

さて、本日はディビジョンCを見ていきましょう。

f:id:arxleague:20180822224329p:plain

このディビジョンはかなり混戦模様です。
まずは首位のブラザーズ。
立派な貯金5。接戦をしっかりモノにしており、
ここまで積み上げた勝ち点は27。

追う2位にBye-Bye MASUTANI。
シーズン序盤からしっかり試合数を確保しており、勝ち点20は立派です。

同勝率、同勝ち点で追うのは3位アフィニティーズ。
8/25と9/24にブラザーズと計3試合の直接対決予定です。
この3試合の結果はかなり重要になってきます。

続くWORST、GLITCHまでが勝ち点2桁ですので、
ここまでが優勝圏内と思われます。

ダークホースとして注目したいのが
シーズン途中加盟のTokyo RとHYBRIDS。

Tokyo Rは実力派チームで、これまで3戦3勝の得失点差+14。

HYBRIDSは足許、複数の対戦募集を掲出しており、
マッチングが順調に進めば、
短期間で多くの勝ち点積み上げに成功する可能性もあります。

4戦4敗で得失点差-48のネオマイスターも初勝利目指して
頑張っていただきたい!!

どのチームが最終的に一歩抜け出すのか、大いに注目です。