アークスリーグ 試合レポート

アークスリーグで行われたピックアップゲームをレポートします!

杉並DUCKS vs. 青梅ライオンズ 2020.3.22 石神井公園野球場A

皆様、お久しぶりです。

アークスリーグでは新型コロナウイルス拡大防止のため
5月末日までリーグ戦を中止しておりましたが、
6月より再開することになりました。

今後は、「新しい生活様式」を踏まえたリーグ独自のガイドラインを備え、
感染防止対策ととりつつ、「新しい草野球」を楽しんでいただければ幸いです。

なお、ブログの更新も自粛しており、
随分時間が開いてしまいましたが、
3/22に取材させていただきました試合のレポートです。

こちらの試合は、とても若いメンバーが多い杉並DUCKSと、青梅市から練馬区まで
はるばる遠征してくれました青梅ライオンズとの一戦でした。

この試合は、何といっても杉並DUCKS平崎投手の独り舞台。
10脱三振を奪い完封勝利、また、打っては3打点の活躍でした。


2020アークスリーグ公式戦 杉並DUCKS vs. 青梅ライオンズ 2020.3.22 石神井公園野球場A

2020開幕戦 Tomorrow Never Knows vs.ノーザンライツTOKYO 2020.2.29 東綾瀬公園野球場

ついにこの日がやってきました!

2020年アークスリーグ開幕です。
今年も無事に開幕を迎えることができました。

関係各位におかれましては、リーグ活動へのご理解、ご協力
誠にありがとうございます。

さて、無事に開幕を迎えることができたことを安堵する一方で、
足元では、新型コロナウイルスへの危機レベルが日に日に増しています。
現時点では、リーグ戦を中止する等の対応は予定しておりませんが、
リーグとしては、今後の社会情勢を注意深く見守っていく所存です。
各チーム様におかれましても、メンバーに体調の悪い方がいる
場合は、決して無理をして試合に出場しないようにお願いします。
また、ご心配であれば、マスクをして試合に出る等の対応は
各チームのご判断で柔軟にご対応いただいて構いません。
 
開幕試合となる朝9時からの
Tomorrow Never Know 対 ノーザンライツTOKYO
の一戦を開幕記念試合として取材させていただきました。
両チーム、今年からリーグに加盟した新顔です。
試合は白熱した投手戦となりました。
試合前後のインタビュー、実況など見所満載です。


2020アークスリーグ開幕戦 TomorrowNeverKnows vs. ノーザンライツTOKYO 2020.2.29 東綾瀬公園野球場

 

アークスリーグでは月に1試合程度、
注目の一戦をこのように取材させていただき映像、写真などを
公開させていただいております。
各チーム様におかれましては、今後取材のお願いをさせていただく際は
ぜひご協力をお願いいたします!

2019アークスシリーズ アフィニティーズ vs.ブラザーズ 201912.14 大泉中央公園野球場

ついにやってまりました!
2019年アークスリーグ王者を決める一戦です。

レギュラーシーズンを安定の強さで勝ち抜け、
CSは相手のK.B.F.Cイーグルスにギリギリまで追い詰められましたが
1点差で振り切ってシリーズ進出のブラザーズ

レギュラーシーズンは借金5
試合数の多さを武器にディビジョン1位を獲得
CSでは相手のBye-Bye MASUTANI強力打線を1点に抑えて
勝ち上がってきたアフィニティー

この両チームの戦いとなりました。

f:id:arxleague:20191215214559j:plain

ブラザーズ 攻守に死角なし、安定の強さで初優勝狙う 

f:id:arxleague:20191215214716j:plain

アフィニティーズ 狙うは、借金5からの下克上

試合は、初回表のブラザーズの攻撃、
アフィニティーズの守備の乱れもあり走者を貯めると、
坂場の左二塁打等で一気に4点を挙げ初回から優位に試合を進める。

4回裏には過足(兄)の適時打、5回裏には敵失で中押し、ダメ押しと
確実に加点していく。

守備面では先発の鈴木がほぼ完璧な投球。
アフィニティーズは四死球絡みで何とか得点圏に走者を進めるも、
あと1本が出ず、得点板には6回まで0が並ぶ展開。

しかし、意地を見せたいアフィニティーズは7回、
四球と敵失で二三塁の好機を作ると、4番の谷田部が適時打を放ち2点を挙げるも、
反撃はここまで。

ブラザーズは先発の鈴木が7回2失点で完投。
失策も最小限に抑え、一度も相手に流れを許さなかった。
アフィニティーズは2番手の荒木が5回2失点の粘投も、
初回の4失点が重くのしかかり、厳しい試合展開だった。

見事、2019年のアークスリーグはブラザーズが総合優勝を成し遂げました!

f:id:arxleague:20191215220829j:plain

歓喜の胴上げ

f:id:arxleague:20191215220923j:plain

優勝監督インタビュー

f:id:arxleague:20191215221012j:plain

MVPのブラザース鈴木投手

f:id:arxleague:20191215221123j:plain

優勝記念品授与

f:id:arxleague:20191215221228j:plain

優秀選手のアフィニティーズ谷田部捕手

f:id:arxleague:20191215221330j:plain

実況とインタビューで試合も盛り上げてくれました 早大アナウンス研究会

f:id:arxleague:20191215221446j:plain

両チーム、良い笑顔です!


【実況!】2019アークスシリーズ アフィニティーズ vs.ブラザーズ 大泉中央公園野球場 2019.12.14









 

CS K.B.F.Cイーグルス vs. ブラザーズ 大泉中央公園野球場 2019.12.7

2019アークスリーグCSの第2戦。

圧倒的な強さでディビジョンBを制したブラザーズ、
ディビジョンD以下のし烈なCS争いを制したK.B.F. Cイーグルスの一戦。

会場は練馬区の大泉中央公園、
この日の東京地方の最高気温は5.8℃、真冬を思わせる寒さでしたが
試合の方はとても熱い試合でした。

初回、寒さのため、投手にはとても厳しいコンディションでの立ち上がり。
先発の過足(弟)(ブラザーズ)、伊藤(イーグルス)ともに得点圏に走者を背負いますが
バックも盛り立てて両チーム0でスタートします。
その後は両チーム走者は出すものの、両先発がふんばり0-0で試合は中盤へ。

4回表ブラザーズの攻撃、簡単に二死となりますが、
回転が掛かった難しい二ゴロでイーグルスに失策が出てしまい、
その後、綱島、過足(弟)の連続適時打でブラザーズが2点を挙げ、ついに均衡が破れます。

その後は両チーム先発投手が踏ん張り、2-0のまま最終回裏、イーグルスの攻撃。
先頭宮澤が三塁線へ見事なセフティーバントを決め、その後相手の守備の乱れに乗じて1点を挙げて、
なおも無死2、3塁。

しかし、ここからがブラザーズ過足投手の本領発揮でした。
後続を二飛後、連続三振に仕留めてゲームセット。
最後はガッツポーズで喜び爆発でした。

両チーム、死力を尽くした本当に素晴らしい試合でした。
何より、緊張感の中でも、皆さん楽しくプレーされており、
アークスリーグの理念に沿った素晴らしい一戦でした。

さて、次週は、ついに本年のアークスリーグ王者が決する
「アークスシリーズ」です。

実力充分、攻守に死角なし、ブラザーズか、
レギュラーシーズン借金5からの下克上、アフィニティーズか、
注目の一戦は、2019.12.14 大泉中央公園野球場にて16時プレイボール予定です。

 


【実況!】2019クライマックスシリーズ K.B.F.Cイーグルス vs. ブラザーズ 大泉中央公園野球場

f:id:arxleague:20191209222546j:plain

 

f:id:arxleague:20191110212956p:plain

f:id:arxleague:20191110213027p:plain





CS アフィニティーズ vs. Bye-Bye MASUTANI あきる野市総合グラウンド野球場 2019.11.16

2019アークスリーグのCS第1戦、
アフィニティーズ vs. Bye-Bye MASUTANIの一戦が行われました。

11/16土曜日、対戦の舞台はなんと、あきる野市です。

先の台風にて都内河川敷球場が軒並み閉鎖となった影響を受け、
グラウンド確保に大変苦労しましたが、
試合予定日の約1週間前にあきる野市の空きグラウンドを発見。
遠方開催となりましたが、天候に恵まれ、無事に試合ができました。

試合は、先攻のBye-Bye MASUTANIが、アフィニティーズ先発投手の初回乱調に
乗じて先制し、戦前の予想通り、優位に試合を進めるかと思われましたが、

初回裏のアフィニティーズの攻撃にて守備に乱れが出た影響などで一挙5点を献上してしまいます。

2回以降はそのまま乱打戦の様相かと思われましたが、
アフィニティーズ投手陣と守備が最後まで踏ん張り、
レギュラーシーズン負け越しのアフィニティーズが9-1で下克上を果たしました。

アフィニティーズは負けて元々の普段着野球を展開、
一方のBye-Bye MASUTANIディフェンディングチャンピオンということもあり
少し硬さが出たかもしれません。

アフィニティーズがアークスシリーズに進出しました!

f:id:arxleague:20191123201434j:plain

試合前にレギュラーシーズンの表彰を行いました


【実況!】2019クライマックスシリーズ アフィニティーズ vs. Bye-Bye MASUTANI あきる野市総合グラウンド野球場

2019クライマックスシリーズ展望

改めまして

クライマックスシリーズ進出4チーム

Bye- Bye MASUTANI 2年連続2回目
ブラザーズ 初出場
アフィニティーズ 初出場
K.B.F.Cイーグルス 初出場

 

上記チームにて日程調整の結果、
クライマックスシリーズは以下の組み合わせとなりました。

 

アフィニティーズ 対 Bye- Bye MASUTANI
11月16日(土) 15時~

あきる野市総合グラウンド野球場B面

 

K.B.F.Cイーグルス 対 ブラザーズ
11月23日(土) 13時~
都立大泉中央公園野球場

 

ではそれぞれの試合を展望していきましょう。
まずは11/16のアフィニティーズ 対 Bye- Bye MASUTANI戦です

レギュラーシーズンは6勝11敗で借金5のアフィニティーズが
昨年の総合優勝Bye-Bye MASUTANIに挑みます。

Bye-Bye MASUTANI本塁打王に輝いた主砲相場、
投手はリーグ2位、3位の勝ち星を挙げた寺坂、相場のダブルエースで
充実の布陣。

一方のアフィニティーズは勝ち頭の横山(4勝)を中心にして
相手の攻撃をどこまで封じることができるかが勝負の分かれ目か。


なお、この両チーム、
今年のレギュラーシーズンでは4度対戦しており
Bye-Bye MASUTANIが全勝しています。

 

11/23予定のK.B.F.Cイーグルス 対 ブラザーズ
は実力チーム同士の対戦で、熱戦が予想されます。
ブラザーズは切れ目のない強力打線に、
鈴木、過足の二枚看板は間違いなくリーグトップクラスです。
対するK.B.F.Cイーグルスはリーグ2位の勝ち星を挙げた和泉を軸に
ロースコアの試合展開に持ち込むことができれば勝機ありと見ます。

なお、この両チームは今年のレギュラーシーズンの対戦はありませんでした。

 

さあ、今年のアークスリーグもついに大詰めです。

2019年はどのチームが頂点に立つのでしょうか?

12月には、このクライマックスシリーズを勝ち上がった2チームにて
アークスシリーズを戦い、年間の総合優勝が決まります!

f:id:arxleague:20191110212956p:plain

f:id:arxleague:20191110213027p:plain

 

順位が確定しました

レギュラーシーズンの最終順位が確定しました!

各チームの皆様、お疲れさまでした。

各ディビジョンの優勝チームをご案内いたします。


Division-A(TOP) 優勝
Bye- Bye MASUTANI 11勝5敗0分 勝点38

Division-B(TOP) 優勝
ブラザーズ 12勝2敗1分 勝点40

Division-C(TOP) 優勝
アフィニティーズ 6勝11敗0分 勝点29

Division-D 優勝
K.B.F.Cイーグルス 10勝10敗3分 勝点46

Division-E 優勝
Ultimate B.C 4勝8敗0分 勝点20

Division-F 優勝
GoldenBrothers 8勝3敗1分 勝点29

Division-G 優勝
練馬メトロスターズ 10勝6敗3分 勝点42

Division-H 優勝
JAYVEE 4勝3敗0分 勝点15

Division-I 優勝
K☆hawks 9勝2敗3分 勝点35

Division-J 優勝
三郷メディックス 3勝1敗0分 勝点10

Galaxy Division 優勝
tribals 2勝0敗0分 勝点6

各チーム様、優勝おめでとうございます!


クライマックスシリーズ進出4チーム

Bye- Bye MASUTANI 2年連続2回目
ブラザーズ 初出場
アフィニティーズ 初出場
K.B.F.Cイーグルス 初出場

上記の4チームでトーナメント戦です。
クライマックスシリーズで勝利したチーム同士で
アークスシリーズを戦います!